避妊薬ピルの服用と副作用

避妊薬ピルとは
ピル(経口避妊薬)とは、主に「避妊(妊娠するのを防ぐ)」のため服用される女性ホルモン剤です。その成分は、女性の体内で作られる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンです。これらは本来、「排卵してから生理が来るまでの間」と「妊娠している時」に分泌されるものです。

避妊薬ピルの服用方法
日本で認可されているすべての低用量ピルは、生理の初日に飲み始めることができます。生理初日に飲み始めると、その日から避妊効果が得られます。生理初日に服用を開始するのがお奨めとも言えます。

ピルは毎日1回、決まった時間帯に飲む必要があります。というのも服用の前後で一定以上の間隔が開いてしまうと、体内のホルモン濃度が一定に保たれず効果が低くなってしまうからです。

避妊薬ピルの効果
ピルは妊娠したようなホルモン環境を作ることで、着床や排卵を抑制します。そのため服薬を続けることで避妊が可能になります。何錠服用したから避妊ができるというものではないので、まとめて飲んでも効果はありません。避妊効果の他、生理痛や量の軽減、にきびの改善などがあります。ピルの種類によっては逆ににきびができやすくなるものもあります。

避妊薬ピルの副作用
避妊薬ピルの副作用は、生理以外の不正出血、乳房の張り・痛み、吐き気、倦怠感、頭痛、腹痛、血栓などがあります。最近の低用量ピルの副作用は、かなりマシになってきていると言えます。その時の体調や、その人の体質にも左右はされますが、これらの症状はかならず出るものでもなく、出たとしても数日で治まったりすることができます。昔はピルを飲むと太るって言われてましたけど、最近のものはホルモン量も抑えられていて、ほとんど太ることはないと言われています。