女性避妊薬の種類

避妊薬の市場で販売されている女性避妊薬が様々ですが、女性避妊薬の種類について、だいたい低用量ピルと事後ピルという二種類があります。

低用量ピル
低用量ピルは経口避妊薬で、主に妊娠するのを防ぐために利用される女性ホルモン剤です。その成分は、女性の体内で作られる卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2つの女性ホルモンです。これらは本来、「排卵してから生理が来るまでの間」と「妊娠している時」に分泌されるものです。ピルは妊娠したようなホルモン環境を作ることで、着床や排卵を抑制します。そのため服薬を続けることで避妊が可能になります。何錠服用したから避妊ができるというものではないので、まとめて飲んでも効果はありません。避妊効果の他、生理痛や量の軽減、にきびの改善などがあります。ピルの種類によっては逆ににきびができやすくなるものもあります。

低用量ピルは何時頃飲むとより効果的といった時間帯はありません。また、食前食後といったタイミングも気にせず飲んでいただいて大丈夫です。ただし、毎日忘れずに飲むことがとても重要なので、飲み忘れをしにくい時間帯に飲むことを習慣づけましょう。また、飲みはじめの時期に軽い吐き気が出る方は、就寝前に飲むようにすると吐き気を感じにくいようです。

事後ピル
事後ピルとは、性行為後でもできる避妊、またアフターピルとも言います。普段は気をつけていても、不意に妊娠の危険を感じた瞬間というのはやってくるものです。低用量ピルを除き、コンドームやその他の避妊具を使用したとしても、避妊率は100%ではありません。性行為に及ぶ時、最初からコンドームを付けないことや、性行為後に破損に気づくこともありますが、そのような時、ものすごく焦ります。次の生理がちゃんと来るまでは、避妊できているかどうかがわかりませんから、そういう場合に、緊急避妊ピルを常備しておくと、精神的にも気が楽なんです。もちろん、副作用がでることもありますが、正しい知識を持って使用すれば、そんなに心配する必要はありません。

緊急避妊>アイピル