低用量ピルの避妊効果と生理への影響

望まない妊娠を避けるときに、避妊薬として「低用量ピル」が使われることもあります。低用量ピルは避妊や月経困難症の治療に使われるホルモン剤です。避妊効果があるだけではなく、生理不順や婦人科系の症状緩和にも効果を発揮することがあります。今回は低用量ピルについて、その避妊効果や生理への影響などをご紹介します。

低用量ピルの避妊効果

低用量ピルとは、いわゆる「経口避妊薬(OC)」のことです。妊娠したようなホルモン環境を作ることで、着床や排卵を抑制します。ピルを正しく服用すれば排卵が抑制されるため、ほぼ完全な避妊が期待されます。

また、低用量ピルをアフターピル(緊急避妊)として避妊の効果を必ず医師に相談しましょう。

1・ゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)を抑える

低用量ピルには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。服用することで、「女性ホルモンが十分に分泌されている」という信号が脳に送られ、「妊娠した」と認識されます。

その結果、脳下垂体から分泌される2つの「ゴナドトロピン」(FSHとLH)の分泌が低下し、卵胞の発育と排卵が抑制されます。

2・子宮内膜の増殖を抑える

低用量ピルの服用により、血液中に多くのプロゲステロンが補われるため、エストロゲン作用がうまく働かず、子宮内膜の増殖が抑えられます。

子宮内膜は本来、エストロゲン作用で厚くなり、受精卵の着床を助けますが、増殖が抑えられることで着床しにくい(妊娠しにくい)状態になります。

3・子宮頸管粘液を変化させる

プロゲステロンの作用により子宮頸管粘液の粘り気が増し、精子が通過しにくい状態となることも、低用量ピルの避妊効果を高めます。

避妊以外のメリット

1・生理周期を整える

毎月、同じ週の同じ曜日に生理が来ますので、スケジュールが立てやすくなります。また、日時の決められた大事なスケジュールに生理がぶつからないようにコントロールすることも可能です。

2・出血量の減少と、生理痛や月経前症候群の軽減

生理のたびに月経前症候群(PMS)や生理痛、月経困難症に悩まされている人も多いと思いますが、低用量ピルを服用することで、頭痛や腹痛などの不快症状が軽減されることが期待できます。

個人差はありますがたいていの場合、生理時の出血量が減少します。また、ピルを飲み始めた方が驚かれるのは、頭痛や不快感などの月経前症候群や生理痛の軽減です。

3・子宮外妊娠の発症頻度低下と、良性乳房疾患、 子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの発症頻度低下

子宮外妊娠の発症頻度低下の他、長期間のピル服用により女性特有の病気のいくつかの発症頻度を下げることができます。また、大腸がんの予防になるという報告もあります。

先ほど触れたとおり、低用量ピルにより子宮内膜の増殖が抑えられるため、子宮内膜症の症状が緩和されます。

また、プロゲステロンに比べてエストロゲンの作用が強すぎる状態が続くと、子宮体がんの発生リスクが上昇しますが、低用量の服用により発生率が抑えられるというメリットもあります。

そのほか、線維腺腫などの良性乳房疾患や、卵巣がんの発生リスクを下げる効果もあります。

4・にきびや多毛症の改善

ピルに含まれる女性ホルモンがにきびの原因となる男性ホルモンのはたらきを抑えてにきびを改善します。

にきびができやすくなるピルもありますが、できにくくするものもあります。また多毛症も改善します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>