アフターピルの避妊失敗

アフターピルは緊急状況の時に利用されている避妊薬です。アフターピルの効果は個人体質と服用時間に影響されますから、避妊失敗の可能性もありますから、あらかじめ了解したほうがいいと思われています。

アフターピルを使用して、失敗してしまったケースは少なくないと報告されてきます。それらのケースを見ていると分かるのですが、やはり服用時間が遅れている方が多い様です。
アフターピルの存在は知っているのですが、実際の場面では大丈夫だろうけど、一応服用しておこうぐらいの軽い気持ちで使用した結果、なかなか消退出血が来なくて医者行って調べたら、妊娠していたと言うようなケースです。アフターピルは最後の性行為から可能な限り早く服用しなければならないという性質を持っているので、飲む時間を重視してください。

その為、処方されたと同時に服用するなり、後回しにしないようにしましょう。医師の処方においてはそのような事はまずありませんが、個人で購入した分についてはよくある失敗なので十分に気を付けて下さい。繰り返しますが、最後の性行為があった時間から「72時間以内」がリミットです。アフターピルは早期に服用すればするほど効果が上がりますので、避妊失敗を避けるためにどんなに遅くても行為後12時間以内には服用をしたほうがいいと考えられています。また、1錠目はきっちり服用して、体がホルモンを取り入れ妊娠しない体に向かっているのに、2錠目を忘れてしまい体の妊娠しない環境が崩れてしまい失敗に至るケースもありますから、注意してください。