避妊薬についてスペックを紹介|市販販売避妊薬の種類

避妊薬はセックスする後でもできる商品です。不意に妊娠の危険を感じた瞬間というのはやってくるものです。レビトラ薬通販避妊薬は経口避妊薬と緊急避妊薬があります。これから、避妊薬についてことを説明しましょう。

 

経口避妊薬についてこと

 

経口避妊薬は、排卵を抑えることにより避妊する薬。女性がこれを毎日飲むことで、排卵を起こさないようにする効果があります。正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊効果が期待でき、しかも服用をやめれば再び妊娠できるようになることから、女性が自らの手で完全にコントロールできる避妊法と言うことができます。

 

経口避妊薬の効果?

 

経口避妊薬の効果は排卵を抑制することができるし、子宮内膜を、受精卵が着床しにくい状態に変化こともできます。精子が子宮内に侵入しにくい状態が改善できます。

 

経口避妊薬の副作用についてこと

 

経口避妊薬といえば「副作用が心配」というイメージがありますが、それは開発初期(約40年前)のホルモン量が多かったころの話です。最近の経口避妊薬は、ホルモン量がその当時の数分の一から数十分の一に減少し、その分、副作用も起こりにくくなっています。ただ、人によっては下記のような副作用を感じることがあります。シアリス市販多くの症状は、通常1~2カ月で消失または軽減しますが、十分な注意が必要です。

 

緊急避妊薬とは?

 

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。これは、大抵の女性にとって有効で安全な方法です。産婦人科医が、あなたにとって、最も適当と考えられる方法を選んでくれるはずです。

 

緊急避妊の効果?

 

緊急避妊の効果は性行為後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、緊急避妊薬に含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせたり、着床を防ぐ働きをします。また子宮内膜への着床を阻害する効果もあり避妊することができます。

 

緊急避妊薬は定期的に飲む事で徐々に排卵を抑制する、低容量ピルとは違います。勃起不全ED対策ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬なのです。

 

緊急避妊薬の副作用についてこと

 

初めて緊急避妊薬を服用した場合は下記のような副作用の症状が出やすくなります。ただ、ほとんど場合、副作用は数日ほど経過すれば自然と治まります。

 

  • 吐き気・嘔吐
  • 頭痛
  • 生理痛のような腹痛
  • めまい・眠気
  • 血栓症
  • 不正出血

 

服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合、再度薬の服用が必要になる場合があります。服用後の嘔吐に関する詳細は、処方してもらう医師に十分に確認しましょう。

 

副作用で現れる症状が24時間以上続くことはないと言われていますので安心してください。もし症状が治まらずに体調が悪化する場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

以上は市販避妊薬で流行している経口避妊薬と緊急避妊薬を紹介しました。日本では毎年約30万件の人工妊娠中絶手術が行われていると言われています。「望まない妊娠」が存在している事実がそこにはあります。中絶手術は心身ともに女性を傷つけます。避妊に対する正しい知識を身につけ、自分の身は自分で守ることが大切です。それは女性にっとて本当に助ける商品です。女性の悩みが解決しました。

>>精力剤、男性悩み対策、正規品個人購入激安通販サイトです。日本で最も人気な男性用精力剤をご紹介しています。日本で人気な男性用精力剤の効能効果とシアリスなどの世界有名なED治療薬をご紹介しています。

>>世の中にはペニス増大薬、またの名を「ED治療薬」や「勃起薬」、正式名称である「PDE5阻害薬」などと呼ばれているEDを解消するための医薬品が存在します。